サイレントマジョリティー



こんばんは。


皆さんはこだわりや信念はお持ちだろうか。

また、皆さんの周りには少数派でも周囲に負けずに我が道を行くような人はいるだろうか。


僕は信念を持つ事は非常に大切な事だと思っている。

信念やポリシーが人や物、概念を形作ると考えているからだ。


例えばブランドと言われるもの達。

車や財布などがイメージできるかと思う。


例として車なら、最近ブランド力を一気に高めているアウディ

アウディでは、「技術による先進」を掲げ、10万通りの発光パターンを持つLEDヘッドライトなど、先進技術とそれを体現するクルマ作りによって一気にブランドイメージを高めた。


財布で言えば、ボッテガヴェネタだ。

僕自身、日頃愛用しているボッテガだが、目立つ所にブランドロゴは見当たらない。それは、「持つ人のイニシャルだけあれば充分」という、あくまでも上質なモノづくりに拘っているからだ。


超かっこ良くないですか…思わずため息が出るような信念ですね。


自分達のプロダクトに信念を持って打ち込むことが、ブランドを作っているのだと思う。


これはブランドに限らず、一個人でも同じだと思う。


信念を持って行動している人は、批判されてもお構い無しに突き進んでいく。


次第にそれが周知されて行くと、あまり何も言われなくなり、遂には応援される、という光景を何度も見てきた。


出過ぎた杭は打たれないとでも言うべきか、信念を持って続けたことでその人自信がブランド化されたのだ。


今の、特に地方の社会では、少数派に厳しい人が多い。

多数派でいることに安心し、少数派を潰す事でプライドを保っているような人すらいる。


だけど忘れないで欲しい。

少数派と言われる人達は、少なからず多数派よりも「生きている」という事を。


自分で選択した事を実行するほど、生き心地がする事はないと僕自身考えている。


同じ20代でも、少数派でいる事を恐れる人は多い。

しかし本当に楽しいのは少数派だし、マイノリティでいる事を恥じる必要は全くない。


僕のこの言葉が少しでも多くの隠れ少数派に届くことを願って。



詩的な歌詞の曲を聴いてると文章まで詩的になるんでしょうか。そんな日。


Bye.





もっと欲しい。




短くてもいいからなるべく記事を書くようにしてから、心のハードルが下がりました。

移動手段が車しかないので、休日はなかなか書けないが、今も隙間時間を使おうと思い、トイレで書いている。


最近、テニスする機会が増えた。

1回とか、少なくても隔週ぐらいでやっている。


不思議なことに、頻度が増えるだけで現役当時の情熱とか、向上心による工夫とか、いろんな物が蘇ってくる。


ブログなんかもそうだと思うが、長い時間を数回より、短時間でもたくさん触れていた方が、自分の生活を占めるパーセンテージが上がると感じる。


人間関係も同じだと思う。もちろん全員ではないが、たまーに連絡が来て長電話する人より、短時間でもたくさん会う人の方が良い関係を作れる事が多い。


一時的に長時間やるより、短時間でも毎日続けた方がいろんな事に繋がる。

趣味、趣向はまさにそれだと思う。

結果として、それが新たなコミュニティを形成したり、仕事のキッカケになるんじゃないだろうか。


僕自身、こんなブログでも見てくれている方がいる事に感動している。


久しぶりにする事に気が引けたり、腰が重くなることもあるだろう。

そんな時こそ、「久しぶりだから」と自分の中のハードルを下げて、気軽に行動してみて欲しい。


それが続くと、いつの間にか自分の中で何かが変わっているから。


足が痺れてきました。


Bye.


我が人生に一遍の悔いなし



こんばんは。



今日は仕事帰りにあるブツを仕入れてきました。


どん。


f:id:tkakhrs02:20170624000058j:plain



いまとても幸せです。


少なくとも10日は幸せでいられます。単純でよかった。


幸せのハードルを下げると、ちょっとした事でスーパーハッピーになれるのでオススメです


今日はここまで。


Bye.



蕩けるような感触にヤラれそう



こんばんは。



僕はまさに今、禁断の扉を開いてしまったようです。


知らないのも罪だが、知りすぎる罠もあるんだぜ


と心の中のハードボイルダーが囁いております。


その扉の中にある物は。そう、これだ。



セブンプレミアム

まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー



なんだかラノベのタイトルみたいですね。


ご存知の方も多いかと思いますが、これ2016年7月発売だったんですね…


なんと1年も存在を存じ上げず生きていたとは…

愚かな私をお許しください。

そんなレベル。


1口食べてみると、、、衝撃


とろとろの冷凍マンゴーかのような食感です。


とろとろのおまんごー様…


体調崩しマンになっていなければ今頃持ち金全てつぎ込んで買い占めてるところです。


完全に心奪われました。

是非皆さんも食べてみて欲しい。


あなたも一緒に。


この禁忌をその身に刻もう。



Bye.



反骨精神という名の謝罪



こんばんは。


スーパー続かないマンこと僕です。


ほんとに放置し過ぎて、いろんな方に申し訳ない気持ちでいっぱい。

そして改めて自分がしたい事をしようと思い、久々に更新しております…


今日は久々という事で、最近疑問に思った事を。



はてなブログって長文しか許さない的な感じなんでしょうか



という。


記事書く以外にも面白くてけっこう読んでるんですが、皆さん素晴らしい文章をお書きになる。


凄いなあと思うんだけど、同時にそんなに量いる?とも思うんですね。


僕は以前、話が長いからPREP法使いなさいとアドバイスを頂いてから、意識して短文で話したり、書いたりしていました。


ですか記事を書くにあたり、1000字以上になるようしていました。


なんとなく内容濃くなったかな、と思っていたんですが、ただただ長いだけでした。僕程度の語彙力では。


手段が目的化してんな、と。


だから僕は内容さえ良ければ短くて良いんじゃないかと思うんです。


という訳で今回はこれで終了。


短くても面白ければ良い。


如何に短文であなたの心に爪跡を残すか、をテーマにお送り致しました。


内容うっす…


本当にアクセスして頂いている方には感謝でいっぱい。


またお会いしましょう。


Bye.

いつかの君が言っていた「最後」が見えた

 

 

こんばんは。

 

ここ最近、金の亡者と化している僕です。

こんな風になるのはクズなんでしょうか。笑

 

僕はまったくそうは思わないんですよね。

最近ちょっとした小金持ちになりまして。趣味や食事、場所、時間いろんなものにモノを言わせてます。。。

そんな生活をしていて感じたのは、お金って必要だなということです。

今更って感じですけど。

 

なんでかって言うと、今までは手持ちのお金や収入に合わせたモノしか見えてなかったから。

まあみんなそうだと思いますけど。

で、すこしお金に余裕できてそういえばあれもしたいこれもしたいってなってやっと実感するという。

小さい枠に収まってるマンだったんだなー。

 

僕自身、今までの人生で、欲しいものとかやりたいことに困ったことってなかったんです。

「ベース欲しい」と思ったら買う金ある。

「バイク欲しい」と思ったら買う金ある。

「車欲しい」と思ったら買う金ある。

そんな感じだったんですね。

だからあんまりお金欲しいなーって思ったことが無かった。

割と満たされてる中で、ちょっとしたことならなんでも出来るぐらいの金を持ってみると、逆に必要性を感じるようになりました。

選択肢が広がったからなんだろうな。

 

女性って早いと中学生とかでお金欲しいとか連呼してる人いると思うんですけど、それがやっと理解できたかも。

だって男の何倍もお金かかるから。

髪とかメイクとかファッションとか、そういうものに意識が行くからなんだなと思いました。

 

豊かさとか、生活を向上させるためにお金必要だなってやっと実感しました。

 

大企業が次々倒産したり、経営が危ういとか、そういった報道がちょっと前からみられます。

サラリーマンて会社が守ってくれる、福利厚生がしっかりしてるっていうイメージがある。

けどいざって時には会社は守ってくれない。倒産した会社が社員守れますか?

お金ない時に人にお金貸せますかっていう話ですよね。

消費に関しても貧富の格差は広がっていると思います。車だって安い車か高い車ばっかで、中間的な価格の車は最近ほとんど見ない。

 

公務員だって安定の代名詞みたくなってるけど、納税者が減って行くのに税金で飯食ってる人の収入は上がるのでしょうか。

 

個人で稼げないと生きていけない時がすぐそこに来ているのに、なにも対策を取らない人多すぎる。

僕の周りの同年代でこういう事に気付いている人はほとんどいない。

もちろん気付いている人も多少います。その人たちが取る対策は「なんとかなる」「なるようになる」なんですよね。

 

だからなるようにしかならないんだって思うんです。

行き当たりばったりの人生。。。

そういう金もマインドもセンスもない、広義での貧乏な人は自分の人生を生きる事は出来ないですよね、どう考えても。

 

僕自身、もうすぐアラサー迎えちゃいますけど、行き当たりばったりで、目の前のことに向き合ってこなかった。

だからこそなんとかしたいし、周りの人が自分を守れるようにしてあげたい。なんとか出来るよう手助けしたい。

 

こういうのを書くと、稼げてないネットワーカー、情報商材売ってる人とか思われそうですが(笑)

実際、僕自身稼げてませんし。

ただそれ以上に、ただ生きてるだけの人が多い。

だからその人たちにきっかけを与えたい。

今なんとかなってるから大丈夫、という認識を変えたい。

 

偏見、無知、感情論。

いろんな意見を頂きますが、だいたいこの3つです。

仕事一生懸命やってる人は、プライドがあるから。けどそれが邪魔をしてるんです。

 

だからこそプライドを捨てることが必要なんだ。

僕も実行していきたい。怠惰な感情やプライドを捨てて。

これからも発信し続けていく。

 

アラサー目前にして改めて決意。

 

殻を破ろう。

 

 

 

 

羽を広げ飛び立った 落下点は「自由」なのだと…

 

 

 

こんばんは。

 

かなり久しぶりになってしまいました。

 

前回チラ見せしたアイツ。

小さい癖してけっこうな反響がありました。

そこで僕は「ここは徹底的にレビューして、たくさんの人に見てもらう&役に立ってやろう〜フフフ」と思ったわけですよ。

 

しかし今日はアイツについてじゃないんです。なんと。

なぜなら、全然写真を撮ってなかったから。笑

写真なくても良いかなーと思ったんです。けど以前エクストレイルの試乗レポを書いた時、もっと写真があった方がわかりやすいとアドバイスをいただいたんですね。

だったら製品レビューも写真あった方が良くね?と思ったのです。

 

はい。

というわけでここからが本題。

 

春。新生活。希望を胸に、社会に飛びだす若者達。将来の夢や希望を抱え、新生活を始めたころですね。

多くの人が会社に入って二週間ほど経つころでしょうか。新卒であれば、これから約40年の長い道のりが始まりました。

しかし、同時にもう会社を辞めたいとか、なんなら既に辞めてしまったなんて話も耳にします。

ちなみに僕が働いている会社じゃないですよ。笑

 

なんでこんなに早くに辞めたくなってしまうのか。

僕が知っている近しい若者。これは彼が就職して1ヶ月ほど経った時の話。

彼に話を聞いてみると「自分が思っていたのと違ったから」「自分に合っていない」とのこと。

特に思っていたことと違う、という点について聞いてみると、「もっと地域の人に貢献したい」というんです。

 

一瞬コイツすげえやつやなあ、と思ったので深掘りしてみると、「地域の人の悩みを聞いて、解決してあげたい」というんですね。

 

ここで僕は「ん?」となるわけです。

なぜなら彼は販売の仕事、しかも地元に超密着している「自動車販売」の仕事をしているんですね。

今の仕事じゃだめなの?と聞くと、「公務員とかで、窓口で相談に乗ってあげたい」と。

 

こういう話を聞くと、仕事変えるなら信念やビジョンがないと、結局うまく行かないなと僕は思うんですね。

結局、キツイ時にやりたいことと違うと言って逃げてしまうから。

 

嫌になって飛び出しても、結局繰り返しになってしまうと思うんです。

 

だから仕事が辛くなったら、1度振り返って、本当に自分がやりたいことと今の仕事が同じかどうかを考える。

 

「人の人生を豊かにしたい」という理想があるとして、どういう風に役に立ちたいのか。

モノやサービスを提供することで、心を豊かにするのか。

お金の稼ぎ方を教え、経済力を豊かにするのか。

 

ここでかな身の振り方が変わってくると思うんです。

 

僕の場合、後者の考えを持ちながら前者を仕事にしているのでギャップでねじ切れそうになりますが。笑

実際その部分が一致していれば職を変える必要はないと思う。よっぽど劣悪な環境なら別だけど。

逆にそこがかけ離れていればすぐにでも違うことすれば良いと思うし。

 

ただ嫌だからとかではなく、本当に自分の志すものと一致しているのか。

そこを一度しっかり考えてみても遅くないのかな。

 

こういったことは、新卒の方だけじゃなく、社会に出て3年とか5年経つような方でも考えることだと思います。

そういった方達がもしこの記事を読んでくれて、自分の人生を振り返ったり、本当にやりたいことについて考えるキッカケになれば幸いです。