読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかの君が言っていた「最後」が見えた

 

 

こんばんは。

 

ここ最近、金の亡者と化している僕です。

こんな風になるのはクズなんでしょうか。笑

 

僕はまったくそうは思わないんですよね。

最近ちょっとした小金持ちになりまして。趣味や食事、場所、時間いろんなものにモノを言わせてます。。。

そんな生活をしていて感じたのは、お金って必要だなということです。

今更って感じですけど。

 

なんでかって言うと、今までは手持ちのお金や収入に合わせたモノしか見えてなかったから。

まあみんなそうだと思いますけど。

で、すこしお金に余裕できてそういえばあれもしたいこれもしたいってなってやっと実感するという。

小さい枠に収まってるマンだったんだなー。

 

僕自身、今までの人生で、欲しいものとかやりたいことに困ったことってなかったんです。

「ベース欲しい」と思ったら買う金ある。

「バイク欲しい」と思ったら買う金ある。

「車欲しい」と思ったら買う金ある。

そんな感じだったんですね。

だからあんまりお金欲しいなーって思ったことが無かった。

割と満たされてる中で、ちょっとしたことならなんでも出来るぐらいの金を持ってみると、逆に必要性を感じるようになりました。

選択肢が広がったからなんだろうな。

 

女性って早いと中学生とかでお金欲しいとか連呼してる人いると思うんですけど、それがやっと理解できたかも。

だって男の何倍もお金かかるから。

髪とかメイクとかファッションとか、そういうものに意識が行くからなんだなと思いました。

 

豊かさとか、生活を向上させるためにお金必要だなってやっと実感しました。

 

大企業が次々倒産したり、経営が危ういとか、そういった報道がちょっと前からみられます。

サラリーマンて会社が守ってくれる、福利厚生がしっかりしてるっていうイメージがある。

けどいざって時には会社は守ってくれない。倒産した会社が社員守れますか?

お金ない時に人にお金貸せますかっていう話ですよね。

消費に関しても貧富の格差は広がっていると思います。車だって安い車か高い車ばっかで、中間的な価格の車は最近ほとんど見ない。

 

公務員だって安定の代名詞みたくなってるけど、納税者が減って行くのに税金で飯食ってる人の収入は上がるのでしょうか。

 

個人で稼げないと生きていけない時がすぐそこに来ているのに、なにも対策を取らない人多すぎる。

僕の周りの同年代でこういう事に気付いている人はほとんどいない。

もちろん気付いている人も多少います。その人たちが取る対策は「なんとかなる」「なるようになる」なんですよね。

 

だからなるようにしかならないんだって思うんです。

行き当たりばったりの人生。。。

そういう金もマインドもセンスもない、広義での貧乏な人は自分の人生を生きる事は出来ないですよね、どう考えても。

 

僕自身、もうすぐアラサー迎えちゃいますけど、行き当たりばったりで、目の前のことに向き合ってこなかった。

だからこそなんとかしたいし、周りの人が自分を守れるようにしてあげたい。なんとか出来るよう手助けしたい。

 

こういうのを書くと、稼げてないネットワーカー、情報商材売ってる人とか思われそうですが(笑)

実際、僕自身稼げてませんし。

ただそれ以上に、ただ生きてるだけの人が多い。

だからその人たちにきっかけを与えたい。

今なんとかなってるから大丈夫、という認識を変えたい。

 

偏見、無知、感情論。

いろんな意見を頂きますが、だいたいこの3つです。

仕事一生懸命やってる人は、プライドがあるから。けどそれが邪魔をしてるんです。

 

だからこそプライドを捨てることが必要なんだ。

僕も実行していきたい。怠惰な感情やプライドを捨てて。

これからも発信し続けていく。

 

アラサー目前にして改めて決意。

 

殻を破ろう。

 

 

 

 

羽を広げ飛び立った 落下点は「自由」なのだと…

 

 

 

こんばんは。

 

かなり久しぶりになってしまいました。

 

前回チラ見せしたアイツ。

小さい癖してけっこうな反響がありました。

そこで僕は「ここは徹底的にレビューして、たくさんの人に見てもらう&役に立ってやろう〜フフフ」と思ったわけですよ。

 

しかし今日はアイツについてじゃないんです。なんと。

なぜなら、全然写真を撮ってなかったから。笑

写真なくても良いかなーと思ったんです。けど以前エクストレイルの試乗レポを書いた時、もっと写真があった方がわかりやすいとアドバイスをいただいたんですね。

だったら製品レビューも写真あった方が良くね?と思ったのです。

 

はい。

というわけでここからが本題。

 

春。新生活。希望を胸に、社会に飛びだす若者達。将来の夢や希望を抱え、新生活を始めたころですね。

多くの人が会社に入って二週間ほど経つころでしょうか。新卒であれば、これから約40年の長い道のりが始まりました。

しかし、同時にもう会社を辞めたいとか、なんなら既に辞めてしまったなんて話も耳にします。

ちなみに僕が働いている会社じゃないですよ。笑

 

なんでこんなに早くに辞めたくなってしまうのか。

僕が知っている近しい若者。これは彼が就職して1ヶ月ほど経った時の話。

彼に話を聞いてみると「自分が思っていたのと違ったから」「自分に合っていない」とのこと。

特に思っていたことと違う、という点について聞いてみると、「もっと地域の人に貢献したい」というんです。

 

一瞬コイツすげえやつやなあ、と思ったので深掘りしてみると、「地域の人の悩みを聞いて、解決してあげたい」というんですね。

 

ここで僕は「ん?」となるわけです。

なぜなら彼は販売の仕事、しかも地元に超密着している「自動車販売」の仕事をしているんですね。

今の仕事じゃだめなの?と聞くと、「公務員とかで、窓口で相談に乗ってあげたい」と。

 

こういう話を聞くと、仕事変えるなら信念やビジョンがないと、結局うまく行かないなと僕は思うんですね。

結局、キツイ時にやりたいことと違うと言って逃げてしまうから。

 

嫌になって飛び出しても、結局繰り返しになってしまうと思うんです。

 

だから仕事が辛くなったら、1度振り返って、本当に自分がやりたいことと今の仕事が同じかどうかを考える。

 

「人の人生を豊かにしたい」という理想があるとして、どういう風に役に立ちたいのか。

モノやサービスを提供することで、心を豊かにするのか。

お金の稼ぎ方を教え、経済力を豊かにするのか。

 

ここでかな身の振り方が変わってくると思うんです。

 

僕の場合、後者の考えを持ちながら前者を仕事にしているのでギャップでねじ切れそうになりますが。笑

実際その部分が一致していれば職を変える必要はないと思う。よっぽど劣悪な環境なら別だけど。

逆にそこがかけ離れていればすぐにでも違うことすれば良いと思うし。

 

ただ嫌だからとかではなく、本当に自分の志すものと一致しているのか。

そこを一度しっかり考えてみても遅くないのかな。

 

こういったことは、新卒の方だけじゃなく、社会に出て3年とか5年経つような方でも考えることだと思います。

そういった方達がもしこの記事を読んでくれて、自分の人生を振り返ったり、本当にやりたいことについて考えるキッカケになれば幸いです。

 

目に見えない絆を胸に。

 

 

こんばんは僕です。

 

 

最近サボり過ぎてやばいですね。しかしここで折れないのが俺。最強。

 

この休みは久々に地元へ帰らず、長野で過ごしていました。

と行ってもどこへ出かけるとかはなくて、ひたすら映画ざんまいでした。

 

最近あるものを手にいれました。家での映画ざんまいが捗り過ぎてスゴい…!!

 

といっても今日はまだ書きません。引っ張ります。ふふ。

 

最後にチラ見せ。

 

f:id:tkakhrs02:20170405232300j:plain

 

 

こいつはスゴいですよ、マジで。

 

乞うご期待。

 

 

 

 

 

君想い、君に揺れ、君と歩いたこの道。

 

 

The day of blue graduation

 

 

春は別れの季節。

 

職場や学校など、いろんな場所でいろんな別れがある。

けど僕はそういった別れでネガティブな気持ちになったことが、ここ最近なかった。

それは何かが終わる時は、何かが始まる時だからだ。

だから決して悲しい事ではない。もちろん寂しさもあるけど、何かからの卒業というのは何かへの門出だからだ。僕はそういう意味で、別れというものに対してはポジティヴに捉えているし、めでたい気持ちになる。

湿っぽいのが苦手、というのもあるけど新しい世界の扉が開くことへのワクワクと応援の気持ちが勝って悲しい気持ちになることはない。

 

そんな僕に、今日も一つの別れがあった。

彼と出会ったのは今からちょうど2年前。僕が22歳の誕生日を迎える直前の春だった。

彼の存在はずっと昔から知っていて、ずっと憧れていた。8歳の頃からの憧れだから、14年越しに念願が叶った。

そんな事もあり、その時の僕はとても浮かれていた。

朝起きられない癖に、彼との時間を少しでも多く取るために早起きして、出かけて行った。

その時はアルバイトをしていたので、朝から午前中一緒に出かけた後は、バイト終わりにはシャワーを浴びてまた出かけて行った。

彼はとても大柄で力も強かった。かつとても洗練されていたから、一緒にいると羨望の眼差しで見られていたし、絡まれる事もなかった。

決して派手ではないが、その洗練された美しさから圧倒的な存在感を放っていた。

一緒にいる事で僕自身も箔がついたし、最高の相棒であった。

そんな感じだったから、週8とか週10以上一緒だった。

 

彼にはいろんな事を教えてもらった。

洗練された美しさがもたらす、圧倒的存在感を。

地上にいるのにまるで空を飛んでいるような、圧倒的自由を。

情熱をかけられるものに出会った人間は、それまでとはまるで別人になることを。

 

 

一緒に過ごす時間の全てがかけがえのない物で、その全てが他の物ではけして得られる事がない体験だった。

 

 

彼と出会って1年が過ぎたころ、僕はサラリーマンになり長野へ配属になった。

いま僕が住んでいるところは彼には狭過ぎて、一緒に連れては行けなかった。

しかも休みの度に天気が悪く、一緒に出かけられなかった。

 

そうして一緒にいられなくなって丸2年が経とうとしていた頃、僕はある決断をした。

解放してあげよう、と。

 

いつかまた一緒に走りたくて、ずっと離れられないでいた。

しかし一緒に走る事を夢見続けても、叶わなかった。

 

けど彼はまだまだ健在なのに、このまま朽ちていくのが辛かった。

他の人と一緒であれば、まだまだ輝ける。

彼が使命を全うするために、僕は彼を解き放とう。そう思ったんだ。

 

そして今日、その日は訪れた。

サヨナラが決まった瞬間、今までの思い出がフラッシュバックして、思わず涙が溢れそうになった。

最後は笑顔でお別れをしようと思って、なんとか堪えた。

 

いまは涙を浮かべながらこの記事を書いている。

ただの物だけど、僕にとっては本当の意味で相棒だった。

 

当たり前のように思っていた3年間にいまは後悔している。たくさん走って、慣れた道も今は儚く思える。

最後に見たその姿は今までで一番カッコよく見えた。このさよならは消えない思い出になる。

 

ずっと一緒なんて叶わないのはわかってるけど、思い出す度胸が締め付けられるよ。

目を閉じると、真っ白な太陽の下で君と一緒に走る自分の背中が見える。

そこには輝いてる君と、高揚した気持ちの僕がいる。

 

ずっと忘れないよ、相棒。

心からありがとう。

 

 

2017.3.30

 

 

 

f:id:tkakhrs02:20170330235238j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

In the middle of chaos.

 

 

こんばんは。

 

みなさんお酒は飲みますか?

僕は弱いくせに大好きなので、自宅でほぼ毎日晩酌しております…

最近はブルーキュラソーの代わりにブルーハワイのシロップを使ったカクテルにハマっています。

夏を先取りすぎる俺。昨日は雪が降っていた。

 

寒すぎるNE。いろいろと。

 

 

f:id:tkakhrs02:20170325223146j:plain

 

 

ちなみにこんな感じになる。

 

見た目嫌いじゃない。

味もシロップの量に気をつければ結構イケる。

 

オススメはジンとライムジュース、トニックウォーター

ジンとライムの香りがシロップのケミカルな甘さを消してくれるので飲みやすい。オススメです。

 

 

ここで本題へ。。。

 

みなさんは普段、自分らしさをどれほど出していますか?

 

僕の経験上、自分を出せないというのは非常にストレスが溜まります。

僕自身、会社や学校などで意見を言えない、考えていることを表現出来ないのは心がすり減って行くような恐怖を感じました。

 

この嘘まみれの歪んだ世界で生きて行く上でみなさんに大切にしてほしいこと。

 

自分らしさを大切にしてほしいんです。

 

 

自分らしさというのは、ある意味生きることの理由になるから。

 

僕が思うに、自分らしさっていうのはやりたい事、なりたい姿を形にしたものなんじゃないかと思うんです。

自分らしさというよりは、思想や憧れかもしれませんが。

なりたい姿を実現するためにこんな事考えてます、行動してますっていうのが結果その人らしさになると思うから。

普段の行動というのは、そう言ったヴィジョンが反映されると思うから、ある意味ヴィジョン=自分らしさと考えても良いと思う。

 

こういったヴィジョンは何のために生きているのかの証明と言えると思っていて。

僕がよく話す、人間誰しもが使命を持ってるっていう話。

全ての出来事は運命だと思っています。

自分が考えていることややりたいことを実現できるのは結局自分自身。

その考えやアイデアはあなたがそれを実現すべき事なんですよね。

 

今は尊敬する人たちに少しでも近づきたくて、いろんな事を真似てます。

口癖、話し方、持ち物、嗜好品。

それを何度も何度もやって、自分のものにできればそれはもはや自分のもの。

そうやって自分を作って行って、夢を叶える。

 

自分らしさを隠さず表現するのは、それの第一歩だと思います。

 

 

だからみなさんには、自分らしさを大切にしてほしいんですね。

 

もちろんほとんどが右向け右ですから、多少の批判はあるでしょう。

けど、それが何だと思える心を持ってください。

他人をないがしろにするに人にあなたを評価する資格なんてない。

 

自分らしさを大事にし続ければ、いつか唯一無二の価値となります。

他の人には代えられない存在になるんです。

だから自分を過小評価せずに、大切にしてほしい。

 

そうなったら結構、特別な存在ですよ。やったね。

 

 

なんかうまいことまとめたようでまとまって無い文章…

 

まあいつもよりましなので良しとします。

 

今日はこんなとこ。

 

Bye.

 

 

 

 

 

 

 

その絆は時を超えて、氷を溶かすかのように。

 

 

こんばんは。

 

最近辛いことやムカつくことがあっても、「そんなやつ、鼻かんで丸めてゴミ箱にポイしちゃうんだからっ!」みたいなことを言って励ましてくれる謎の脳内オネエがなだめてくれるので冷静を保てます。

 

 

さて、今日は趣味の話です。

僕は映画が好きで、暇な時や車での移動中はほぼ必ずと言って良いほど映画をみます。

何も予定がない休日は前の日の夜からひたすら映画を観る、なんてこともよくある。

 

今日は少し前からめっちゃ気になってた映画を観てきました。

 

今日は少しネタバレありなので閲覧注意。。。

 

 

僕が気になって仕方がなかった映画。それがこちら。

 

 

どん

 

f:id:tkakhrs02:20170322225817j:plain

 

 

そう、ドラえもんです。

みんな大好きでしょう。

 

 

この映画、ポスターが超秀逸。

一目見てからずっと観たかったんですよ。

 

ちなみにそのポスターから、僕のお気に入りがこちら。

 

f:id:tkakhrs02:20170322225823j:plain

 

 

いかがでしょうか。

内容がとても気になりませんか?

 

さらにこれもすごく良い。

 

f:id:tkakhrs02:20170322225828j:plain

 

こちらもなんだかすごくワクワクさせてくれますよね。

 

 

という訳でこの映画が気になりすぎた僕ですが、なんとさすがに一人でドラえもんの映画を観に行く度胸はありませんでした。

 

24歳社会人の挫折…

 

しかしついに今日空いてる友人を捕まえ、観に行くことに成功しました。

なんという成功体験。

 

山梨県にあるイオンモール内の映画館で鑑賞したのですが、平日なのに激混み。

何事かと思ったら、いまは春休み真っ只中。子ども達めっちゃいる。

 

周りの席を小さい子ども連れのファミリーが囲む中、どセンターに陣取るおっさんに片足突っ込んでいる大人達。

 

嫌がらずについてきてくれた友人には感謝しかありません。

 

肝心の内容ですが、今回は割とあっさりめだったかなと思います。

めっちゃホラーとか、めっちゃ泣かせてくるでもなく。ふつーに観れました。

 

ただ観ていて大人になったなあ、と感じたことがありました。

ひみつ道具へのツッコミじゃあありません。僕はけっこう夢のある大人なんですよっ

 

 

じゃあ何に対してそう思ったのか。

それは10万年前の南極に閉じ込められ、数日間帰れないことになったドラえもん達について。

 

親を心配させたらどうしようというスネ夫に対して、「落ち着いたらタイムマシンでここにくる少し前に戻ろう」というドラえもん

 

たしかにうまくやるにはそれしかない。

 

しかし、それまでの間彼らの両親はどれだけ子ども達を心配するだろうか。

長期になれば、捜索願が出て一大事になるだろうに。

 

 

時間を戻せば、全てなかったことになるかもしれない。

しかしそれまでの間どうなるだろうか。

 

 

なんてことを考えてしまったのです。

 

 

何かをするのには、責任が伴う。

人が営む大体のことには大抵誰かが関わっていて、影響を及ぼしているんですね。

 

 

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」

 

 

ベンおじさん…

 

 

この映画はそんなことを考えさせられました。

 

 

とまあ真面目っぽいこと書きましたが、映画自体は楽しめました。

 

 

実は先日トリプルXの新作も観たんですが、なにも考えずに観られる映画も良いなーと改めて思いました。

 

とりとめのない内容でしたが、リフレッシュできたなと思います。

 

今度はみなさんのオススメな映画も教えていただきたいですね。

 

 

今日はこんなとこ。

 

 

Bye.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切れたぜ、俺は。猛烈に。

 

 

こんばんは。

 

鼻の左側のニキビが治ったと思ったら右側に発現しやがった系男子です。

 

 

いやーみなさんは最近切れたことはありますか?

そりゃ人間ですから、そんなこともありますよね。

 

僕もめったに切れないんですが、遂に切れました。

そう、ネタ切れです。

 

最近ネタ集めの取材や情報収集、勉強を怠ってしまったのですっかり書くことがnothing...

あるといえばあるんですが、真面目な話は今のテンションではないZE。

 

と思って悶々としてたら降りてきた。天才か。

という訳で明日はこの時期のあるあるをテーマにしたいと思います。

 

誰しもが経験があろう「アレ」

果たして「アレ」とはなんなのかッッ

おそらく全米が泣く記事になるだろう…

 

coming soon!